なぜホワイトニングは安くなったのか?

実感できる透き通った白さに!

予防歯科としてご自身の歯を傷めずに安全で安心ができる、新世代のポリリン酸ホワイトニングを採用しています。

・ポリリン酸は人体にも存在
・食品や化粧品で長年使われ安全
・オックスフォードと北大で研究された国産ホワイトニング

ポリリン酸ホワイトニングは既に国内の1,300以上の医療機関で導入されています。
現在でも採用施設は世界も含めて急速に拡大をしている新世代のホワイトニングです。
当院では初期からポリリン酸ホワイトニングに取り組み、国内でも有数の1,000名超のホワイトニング施術実績があります。
従来タイプを受けたことのあるホワイトニング経験者に高い評価を頂きます。

ホワイトニングの感想

従来型のホワイトニングは…
・痛みやしみることがよくある
・施術後に色のある飲食ができない
・何度も何度もの通院が普通
・数万円から5万円を超える費用
・すりガラスの様な不自然な白さ
・それほど白くならない
皆さんの期待に対し敷居が高すぎました。

 

新ポリリンホワイトニングは、
・本人が自覚できる白さの違い
・透明感のある自然な歯の白さ
・1~2回ほどの施術で歯が白くなる
・旧タイプの痛みはほとんどない
・施術直後から色のある飲食制限もなし
・費用が旧タイプとくらべて1/4~1/2へ
・旧タイプにありがちな色戻りは少ない
新しい多くの特長があります。

 

実感できる透き通った白さに!

ポリリンホワイトニングは、ご本人がわかるほど歯が白くなります。
さらに費用・値段が安くて格安になり、旧タイプは10~15回かかるホワイトニングが1~2回ほどの施術で、皆さんの負担をかけずに簡単に歯が白くなります。
また、旧タイプのホワイトニングのように歯が痛くなったりしみたりしないことなど、今までにない多くの新しい特長があります。

その日から1回でも実感できる白さ!
新しいポリリンホワイトニングは、その白さに透明感があることが大きな特長で、 ポリリンホワイトニングのジェルが歯の中まで入って、歯の内側から白くします。さらに、翌日の朝くらいまで白さを増していきます。
ポリリンホワイトニングは旧タイプのホワイトニングのように間隔を空けて何度も何度もおこなわないために1回の照射だけで、 その直後から透明感のある白さを実感できます。
旧タイプのホワイトニングにも様々な方式がありますが、通院型で3~5回、自宅型では10~15回は必要なものがほとんどでした。

実感できる透き通った白さに!

従来型ホワイトニングと比べて痛くありません!
ポリリンホワイトニングでは施術中に気持が良くて寝てしまう方が多数いらっしゃいます。
さらに、白さを引き出して違和感などの不快感を防ぐために、当院独自の改善された方式により、ポリリンホワイトニングの施術をおこなっています。

旧タイプのホワイトニングでは薬剤の成分が歯の水分を抜いてしまいます。それが原因で歯の痛みを感じたり、しみたり、違和感を感じることがありがちでした。その白さも歯の水分が抜かれてしまっているために、あまり透明感のないものです。

ポリリン酸ホワイトニングは飲食の制限がありません!
新しいポリリンホワイトニングは、水分を抜くことがなく歯の隙間に入り込み埋めながら歯の内側を白くするために、施術後の飲食物の制限が一切ありません。
お好きなものを施術の直後からいつでも気兼ねなく、食べたり飲んだりすることができるので、とても気が楽でストレスがありません。ホワイトニング施術後の色もどりを気にしなくても良いのが、新タイプのポリリンホワイトニングの大きな特長です。

※ 旧タイプのホワイトニングで、長期に我慢をしないといけなかった飲食物
コーヒー、紅茶、烏龍茶、ココア、コーラ、赤ワイン、色のついた飲料や薬など、
たばこ、カレー、赤・茶・黄色などの色の強い果実、チョコレート、キムチ、イカ墨、しょうゆ、ソース、ケチャップ、色の強い合成着色料を含む食物など

さらに料金は旧タイプ・ホワイトニングの半額から1/4の格安に!
新しいポリリン酸ホワイトニングでは、当院に限らず全国に400軒ほどある歯科医院でいつでも安価に1万円前後の安く格安な費用で施術が受けられるようになりました。ポリリンホワイトニングで使われる機材や薬剤の価格が、旧タイプと比較して半分から1/4程度と安価なためです。

当院では既に来院されている皆さんを対象として、条件を満たせばさらに安い料金でポリリンホワイトニングを受けられる優待価格を用意しています。ちなみに、今までの旧タイプのホワイトニングは、総額で2~6万円の費用が普通でした。

関連記事

おすすめ記事

graph_a

2017.11.1

特長★痛くない予防歯科

1.予防歯科とは? 予防歯科って言葉は聞いたことがありますか? 近ごろやっと増えはじめた新しい歯医者のスタイルです。テレビやネットで…

ページ上部へ戻る