予防歯科で自分の歯を残す

予防歯科をおすすめするポイント

継続した歯のクリーニングは自分の歯を残すために大切です!歯科治療の延長やおまけではありません。

予防をおすすめする3つのポイントがあります!

・今までの通院のしかたとの違いは…
・予防歯科ではじまる快適な生活
・予防歯科の料金費用や時間

さらに予防歯科ですからお約束します。

・治療獲得のための予防はしません。
・説明をして、同意なく治療は始めません。
・希望をされれば丁寧に治療もおこないます。

ただし、予防は治療のかわりにはなりません。予防は治療が一度は完了してからです。
もし不安や「かかりつけ」の他院があれば、そちらで治療をされても構いません。治療までされるかのご判断はお任せします。

歯医者は予防や歯石取りなど歯のクリーニングだけでも痛くなくても通院をすることもできます。

 

今までの通院のしかたとの違いは…

今までの削ったり詰めたり被せたりという歯牙の治療「だけ」を繰り返していると、自分の歯を失うスピードが進みます。
そして、虫歯や歯周病は簡単に再発します。お口の中は常に原因菌だらけだからです。
<もっと詳しく知る>

 

予防歯科ではじまる快適な生活

歯石取りや歯のクリーニングといえば…痛みを連想したり、血だらけにされると思う方が多いです。
歯石取りは痛いから嫌だと言われますが、本当は痛みに配慮をして快適にできます。
実は他にも様々なメリットがあるのですが、痛みで敬遠されないように配慮します。
<もっと詳しく知る>

 

費用や時間の心配について

歯の病気になってから通院すれば良い!という考え方が今までの主流でした。
予防の継続ケアーで本当に生涯医療費が増えて、通院が憂鬱で負担になるのでしょうか?
<もっと詳しく知る>

 

歯周病・歯槽膿漏にも

歯医者といえば虫歯治療ですか?
それ以外にも注意が必要な病気があります。口だけでなく全身の健康に影響します。
<もっと詳しく知る>

 

予防歯科への疑問

近ごろは「予防歯科」という言葉が浸透し、テレビやネットでもよく目にします。
予防は従来の治療のおまけではありません。ぜひ、疑問を解消して体験してください。
<もっと詳しく知る>

関連記事

おすすめ記事

家で?医院で?

2016.11.15

ホワイトニングバーや寝ながら自宅で?

家で?医院で? ホワイトニングには自宅でおこなうホームホワイトニングと、歯科医院でおこなうオフィスホワイトニングがあります。 この2つの…

ページ上部へ戻る