予防歯科の費用などの疑問

予防歯科への疑問

歯科医院の看板やホームページを見ると、近ごろは「予防歯科」が増えてきました。
全ての歯医者で快適で効果のある予防歯科が受診できるのでしょうか?

予防歯科は今までの治療の延長線にはありません。
ぜひ、一度は体験をしてみて疑問を解消してください。

Q:そう言いながら…、実は「虫歯治療」を狙ってませんか?
A: 虫歯を見つけたら、まずお知らせをします。
もちろん、当院でも丁寧に治療をしていますが、虫歯治療の獲得を目的として、歯のクリーニングをお薦めしているのではありません。
いきなりその場で虫歯治療を始めたりはしませんし、もし「かかりつけ」の他院があれば、そちらで虫歯治療をして頂いても構いません。「歯のクリーニングで」と予約や来院をいただければその様な対応をおこないます。

Q:歯の定期クリーニングは痛くないですか?
A: つらい症状での治療と違って、痛みを感じるほどの処置そのものがほとんどありません。
予防歯科では継続的なケアーを、歯科衛生士が丁寧に優しく続けていくことを前提にします。したがって、麻酔は原則として使いません。
そもそも、痛みを伴う処置そのものを、できるだけ避けようと配慮をしてますので心配はありません。

Q:歯石取りは血が出ませんか?
A: 歯周病のつらい症状から安定した場合は、歯ぐきの血もほとんど出ません。
また、歯科衛生士は一度に血の出るほど無理をして歯石は取りませんのでご安心ください。

Q:歯石がたくさんありそうで恥ずかしいです。
A: なぜか中学校くらいから歯医者にあまり行かれない傾向が多く、歯の内側や隙間にたくさんの歯石がある方も見受けられ、珍しいことではありません。
20歳代、30歳代、40歳代と年齢に関係なく、気になった今を機会に、予防歯科への通院をはじめて綺麗にしておくことが、歯周病をはじめとするお口のトラブルの改善や健康増進につながります。

Q:歯石除去は何歳からすれば良いでしょうか?
A: 歯が生えていれば年齢に関係なくお勧めします。歯石は年令に関係なく生活をしていれば誰にでも、いつのまにかついてしまうものです。
また小児であれば、まだ歯が柔らかく虫歯になりやすいために、あわせてフッ素やシーラントのような積極的な予防策をおこない、一生涯つかう永久歯を保護することもできます。
「お子さんの予防」を見る

Q:お金がたくさんかかりませんか?
A: 健康保険を使う場合であれば、概ね2,500~3,000円ほどの負担金です。
最近の調査によれば、歯の定期クリーニングをされる方の生涯医療費は、痛くなってから通院されるよりも安くなるという結果が発表されています。北欧諸国を始めとする海外のほとんどの先進国でも、医療水準を維持しながら生涯医療費を抑制するため、予防歯科での定期的な継続クリーニングによる受診に主流が移行しています。

関連記事

おすすめ記事

2016.11.17

予防歯科で自分の歯を残す

予防歯科をおすすめするポイント 継続した歯のクリーニングは自分の歯を残すために大切です!歯科治療の延長やおまけではありません。 予防…

ページ上部へ戻る