予防歯科の料金費用や時間

歯のクリーニングの効果

定期的に継続した歯のケアーを始めることで、医療費の総額は増えてしまうのでしょうか?

虫歯の治療は、ちゃんと完了もしているし、特に痛みもないので歯医者は不要!?

歯周病をはじめとするお口の病気は、全身の病気に影響を与えています。
病気の再発もおこりやすく継続ケアーが唯一の現実的な対応策です。

継続ケアーは全身の病気にも良い影響を与え医療費総額を軽減させることができます。

 

日本でも検証事例が増えています!

定期的な歯のクリーニングなど継続ケアー受診者は、医療費総額を大幅に減らしている。
という調査結果が各所から発表されています。

健康保険を管理する北海道国民健康保険団体連合会が医療費総額について調査をしました。
歯科および関連する全身の病気も含めた医療費総額は、歯の状態によって大きく左右されるとのことです。

・高齢者で20本以上の歯が残っている人は、4本以下の人と比べて37%医療費が減少
・歯周病のない人は、重度の歯周病の人と比べて14%医療費が減少

豊田加茂歯科医師会とトヨタ関連部品健康保険組合の組合員5万人に対する共同調査をおこないました。

歯科の定期受診を続けていると、年間の総医療費が65歳過ぎで35万円から20万円まで43%減少

 

歯の継続ケアーのメリット

ともかく痛いのは嫌だ!お金をたくさんかけたくない!
通院する時間もかけたくない!美味しいものを気兼ねなく食べたい!
歳をとっても健康に楽しく暮らす!

このような方々に、数ヶ月に1回の予防歯科による継続クリーニングをおすすめします。

虫歯治療を目的としていないので、予防歯科では安心をして通院できるのです。

従来の痛くなってからの歯科治療だけでは、80歳で6.8本しか自分の歯を残せません。
成人が歯を失う原因で最も多い歯周病は、定期的な継続ケアーで、現在の状態を痛みを伴わずに簡単に維持できます。

関連記事

おすすめ記事

2016.11.17

予防歯科で自分の歯を残す

予防歯科をおすすめするポイント 継続した歯のクリーニングは自分の歯を残すために大切です!歯科治療の延長やおまけではありません。 予防…

ページ上部へ戻る