予防歯科ではじまる快適な生活

予防歯科ではじまる快適な生活

痛い歯石除去が苦手な方へ

歯石取りといえば… 痛みを連想したり血だらけにされると思う方が多いです。
痛みは予防のやる気に関わるので配慮します。
重い症状がなければ痛みや出血はありません。麻酔も予防では必要ありません。

予防歯科は口の病気をおこす原因菌の棲家である歯垢(プラーク)や歯石を除去します。プラークが固って歯石になると、歯科医師でも歯科衛生士でも歯磨きでは取れないのです。

歯石を取り、人それぞれの磨き残しを知るのも歯医者に行く大切な理由なのです。
「予防歯科を受けた方の声」を見る

 

歯のクリーニングで歯医者へ

継続ケアーをせずに早期治療だけを繰り返すと、歯を失うスピードを早めている場合があります。

来院者の皆さんは笑顔で来院を続けています。
継続ケアーの習慣で施術後の日常生活でも爽やか!という体験をしてください。
実は継続ケアーで必要なお金や時間は、今までの痛くなってからの治療ほどはかからないのです。
継続ケアーの取り組みのきっかけを作り、口の健康習慣へのお手伝いすることが、新しい歯医者(予防歯科)の役割です。

予防歯科でおこなわれる継続ケアーは優しい歯のクリーニングが中心です。
今までの歯医者のイメージが変わったと、来院された方によく言われます。
予防歯科という新しい歯医者との関わり方を一度は体験してみてください。
「歯のクリーニングで!」と予約を入れて、来院されるとスムースに受診ができます。

関連記事

おすすめ記事

2016.11.17

予防歯科で自分の歯を残す

予防歯科をおすすめするポイント 継続した歯のクリーニングは自分の歯を残すために大切です!歯科治療の延長やおまけではありません。 予防…

ページ上部へ戻る